世間の常識を疑うブログ

日本で生きていくための知恵袋

【一日三食が健康に良いは嘘!】食事の量は減らすほど免疫力が上がり健康になれる。

一日三度の食事を摂るのが当たり前とされている日本。

朝食を食べるようになった歴史はまだ浅いということをご存知ですか?

f:id:loveandhate007:20180108112906j:image

一日三食たべるようになったのは、江戸時代の中期、1700年代頃からと言われています。

 

つまり人類が誕生してから長い歴史の中で、三食たべてるのはたったの300年くらいなんです。

 

なぜ三食たべるようになったのでしょうか。

 

【一日三食30品目食べよ】これは政府による洗脳、マインドコントロールである

政府や医学界が「三食キチンと食べろ」とうるさく言うのは「キチン」と食べて、しっかり病気になって、しっかり稼がせてくださいという“ホンネ”が裏にあるのです。

ドイツには古くから次の諺があります。

《一日三食のうち二食は自分のため、一食は医者のため》

出典: 三五館 3日食べなきゃ7割治る! 船瀬俊介

 

つまり一日三食たべた方が健康に良いというのは政府によって作られた常識なのです。

 

人はたくさん食べるとそのぶん老化が進み、病気にもかかりやすくなります。

 

一日二食を推奨するより、三食を推奨した方が食料品は売れます。

飲食店も儲かります。病人が増えて医療費も儲かります。

 

一日に三度の食事を摂ってもらった方が経済が回るのです。

 

つまり政府にとって都合が良いのです。

 

一日一食減らすだけで得られる驚きの効果

「食べすぎ」は血液を汚し、万病の原因となり、逆に「少食」「空腹」が血液を浄化し、また、免疫細胞である白血球の貪食力を強くする。

我々、現代文明人は、食べすぎておこる種々の病気が、自分自身の体の崩壊のみならず、ひいては家族崩壊までおこし、将来的には、国家崩壊の危機まで孕んでいることに早く気付く必要がある。

「少食」「空腹」の驚くべき効能

1.心筋梗塞脳梗塞、高血圧、糖尿病を予防し改善する

2.「空腹」は体温を上げ、免疫力を高めて、風邪をはじめ、種々の感染症を防ぐ

3.「うつ」気分がとれる

4.ボケを防ぎ老化を遅らし寿命を伸ばす

5.大小便の排泄がよくなる

6.体のだるさがとれる

7.睡眠時間が短くてすむ

8.精力が強くなる

9.シミやクスミの少ない美肌になる

10.栄養素の利用効率がよくなる

11.二日酔いが防げる

12.食事が美味しくなる、お金が貯まる、時間に余裕ができる

出典:KKロングセラーズ 空腹療法 石原結實

 

テレビで一日二食を推奨したら、単純に考えて、今までより食べ物が売れなくなり、健康な人が増えてしまいます。

 

日本は、国民の命より企業の利益の方が大事な国です。

 f:id:loveandhate007:20180108114131j:image

だから、食べ物が売れなくなって健康な人が増えてしまうと病院も製薬会社も儲からなくなってしまいます。

 

とうぜん飲食店やスーパーやコンビニも売り上げが落ちます。

 

そうなっては、困るのです。国民の健康な身体より、企業の利益の方がはるかに大事。

 

それが日本なのです。

 f:id:loveandhate007:20180108114105j:image

だから、口が避けても一日二食や一日一食の方が健康に良いなんて言いません。

 

口が避けても断食を推奨することはありません。

 

だけどそれを知っている人はすでに実行しています。

 

一日一食の有名人

 

一日一食を実行されてる方はみんな若々しく、病に侵されるなどのニュースはこれと言って見たことも聞いたこともありません。

 

一日一食の健康効果を物語っていると言えます。

 

一日三食きっちり食べないと栄養がとれない、朝ごはんを抜くとチカラが出ないなんて言うのは作られた常識です。

 

錯覚です。みんな洗脳されているのです。

 

私は一日三食きっちり食べなければいけないという呪縛から解放されてからずっと一日二食にしています。

 

時々、付き合いで朝ごはんを食べるとお昼ごはんは苦しくて美味しく食べられなくなりました。

お腹が張ってしまい、明らかに食べ過ぎた感があるのです。

 

私は今、お昼と夕飯だけでちょうどいいバランスが保てています。

 

おわりに

まずは一日三食たべなければ一日に必要な栄養素が摂れないと信じ込んでいる自分の脳みそを疑ってください。

 

誰でもお腹いっぱいに食べたあとは、仕事やスポーツなどのパフォーマンスが下がることは知っているはずです。

 

気付いた人から真の健康を手に入れ始めています。

そういう時代が少しずつ訪れています。

 

アメリカ産牛肉はやっぱり危険。国産牛の600倍も高いエストロゲン検出。乳がん、前立腺がんの原因に。

日本人のホルモン依存性のガンが増えている。

 f:id:loveandhate007:20180105102412j:image 

日本人の前立腺ガンが異常な勢いで増えている。もちろんPSAによる検査数が増えたこともあるが、尋常ではない数だ。10年前は胃がん、肺がん、大腸ガンよりもずっと少なかったのに、今や大腸ガンを抜いて肺ガンと肩を並べる勢いである。

乳がんも子宮がんも卵巣がんも増え続けている。今年の6月に小林麻央さんが亡くなったが、乳がんは女性のガンでは羅患率トップだ。

これらはいずれもホルモン依存性がんと呼ばれているものだ。なぜ日本人にホルモン依存性がんが増えているのか。藤田博正医師(北海道対がん協会細胞診センター所長)は、昔からアメリカに移住すると卵巣がんや子宮体がんが増えると言われていたことを思い出し、食事の変化に注目した。

日本では70年代から牛肉の輸入が増加

日本とアメリカのホルモン依存性がんのデータを比較すると、アメリカは年を重ねるごとに増えているのに、なぜか日本では40代50代で腰折れ的に減っている。

細胞が悪性腫瘍になるまで20年、30年とかかる。では40代50代の方たちの食生活が30年ぐらい前にどう変わったかを考えた時、アメリカからの輸入牛肉に思い当たったという。日本では70年代から牛肉の輸入が増加し、その頃からハンバーガーも食べ始めた。

そこで半田康医師を筆頭に、藤田医師を含めて8人の研究者が牛肉に含まれているエストロゲン(女性ホルモン)の濃度を調べた。藤田医師によれば、これらの牛肉は「札幌市内のあるスーパーマーケットで売っていた肉」だという。

結果は驚くべき数値だった。なんと国産牛と比較して、アメリカ産牛肉は赤身で600倍、脂肪で140倍も高かったのだ。

高濃度のエストロゲンがスーパーの牛肉から

牛肉から高濃度のエストロゲンが検出されるのは、ホルモン剤(デポ剤)を牛の耳に注入しているからだ。基本的に1回とされているが、2回、3回と注入することもある。ちなみにホルモンを注射した牛の耳は、屠畜する時にバイオハザードなみの危険物として焼却処分される。

牛にエストロゲンを注入するのは、こうすると肥育期間が短くなって利益が10%アップするからである。

そのためにアメリカ、カナダ、オーストラリアなど主要な牛肉輸出国では「肥育ホルモン」としてエストロゲンの使用を認めている。

エストロゲンはホルモン依存性がんの危険因子

エストロゲンはホルモン依存性がんの危険因子だということは、今や教科書レベルの話です」と半田医師が言うように、がんと密接に関係しているからである。

エストロゲンががん化に関わっているとする論文はたくさんある。実際に日本人の牛肉消費量とホルモン依存性がんの発生数が比例していることを見ても明らかだろう。

外食産業のハンバーガー、牛丼、カレーなどにはこうした残留ホルモン濃度が高い牛肉が使われている可能性が高いといわれる。

EUではこのことがわかってから1988年にホルモン剤を家畜に使用することを禁止し、翌年にはアメリカ産牛肉の輸入を禁止した。

このためにEUとアメリカの間で牛肉戦争が起こったが、これは今も続いている。

日本がアメリカ産牛肉を輸入し続けている理由

ではなぜ日本は輸入しているのか。それは、1999年に旧厚生省が「アメリカ産牛肉の残留エストロゲンは国産牛の2~3倍程度」で、危険とはいえないと報告したからである。

2~3倍と600倍では天と地ほども違うが、これほど差が出たのは測定法が違っていたからだ。

厚労省が使ったのはRIA法という古い検査法で、半田医師らが使った最新のLC-MS/MSにくらべ、精度は20分の1~100分の1だ。

つまり旧厚労省の数値はいい加減ということになるのだが、いまだに最新の測定法で計測していない。

発がん性だけでなく、精子の減少にも関係しているといわれ、アメリカでは前立腺がんによる死者は2万9千人余り(2013年)と肺がんに次ぐ。日本は現在でこそ6位だが、2020年には1995年の6倍に増加して、やはり肺がんに次いで2位になるといわれている。

専門家は「エストロゲンの高いものを食べていいことは何ひとつない」と口をそろえて言う。

さらにアメリカ産牛肉から検出されたホルモンには日本が禁止しているものもある。

 

なぜ輸入をやめないのか。

厚労省の職員に尋ねるとこう言った。

「高濃度のエストロゲンを理由にアメリカ産牛肉の輸入を禁止したらどうなりますか。日本はEUじゃないんですよ。牛肉戦争をして勝てると思いますか」

ちなみに輸入量が最も多いオーストラリア産牛肉は誰も正確には計測していない。

官僚の不作為が、やがて医療費の増大となって、国民がそのツケを払うことになるのだろう。

出典:文春オンライン奥野修司

  

日本はアメリカと牛肉戦争しても勝てっこない。 それなら国民には犠牲になってもらって、アメリカと良好な関係を保ちたい。

それが日本政府の考え方なのです。

 

外食チェーン店などで、国産牛とうたっていないものはすべてアメリカ牛かオーストラリア牛です。

 

焼肉食べ放題で出てくる牛肉も、牛丼屋の牛肉も、ハンバーガーのパテもすべてです。

 

目先の欲求だけで、ハンバーガーを食べるのも、焼肉食べ放題に行くのも自由ですが、アメリカ産牛肉を食べてこなかった人よりも前立腺がんや乳がんになるリスクを負っているということを忘れないようにしたいものです。

 

【やっぱり危険だった】キャノーラ油が認知症の原因に

キャノーラ油が認知症の原因につながるとして、英科学雑誌「サイエンティフィック・リポーツ」電子版に米テンプル大学が発表した研究結果の論文が掲載されました。

 f:id:loveandhate007:20171213155754j:image

その一部を抜粋します。

 

【キャノーラ油は脳にダメージを与えかねない】
テンプル大学が衝撃的な研究結果を発表

 

日々の料理に欠かせないキャノーラ油について、衝撃的な研究結果が発表された。

テンプル大学の研究グループがアルツハイマー病のマウスにキャノーラ油を与えたところ、学習能力と記憶力が低下し、体重増加を招くことが判明した。

医学情報メディア「メディカルエクスプレス」によれば、同じ実験でキャノーラ油を摂取したマウスの脳内では、アルツハイマー病の原因物質とされる有害な「アミロイドβ42」から脳を守る働きがあるたんぱく質アミロイドβ1-40」が減少。

その結果、アミロイドβ42が脳に沈着した。米国立衛生研究所(NIH)によれば、アルツハイマー病患者の脳にはアミロイドβ42が発症前からたまり始め、それが沈着すると脳が正常に機能しなくなるという。

出典元:東洋経済オンライン

 

キャノーラ油(サラダ油)が認知症の原因になることについては、このブログでも過去に触れました。

 

loveandhate007.hatenablog.com

数年前からすでにキャノーラ油が認知症になるおそれがあると警告する人はたくさんいましたが、なかなか世の中に浸透していないのが現状です。

これからも認知症は増え続けるでしょう。それでも国は野放しです。具体的な解決策に乗り出す気配はありません。

自分で対策をするしか身を守る方法はありません!!

家にあるキャノーラ油は捨てる

誰でもすぐに出来て一番手っ取り早いのは、家にあるキャノーラ油を捨ててもう二度と買わないこと。

サラダ油も同じです。

家で使うのをやめるだけで摂取量を大幅に減らせます。

代わりに使うのはオリーブオイルがいいです。だけどニセモノのオリーブオイルには注意してください。

 

 本物のオリーブオイルの見わけ方はコチラ

loveandhate007.hatenablog.com 

マヨネーズ、ドレッシングの使用を控える。または手作りする。

マヨネーズの7割くらいは油です。

つまりほとんどキャノーラ油です。

ドレッシングも同様です。

日常的に使う人は、いっそ手作りしたほうがいいかもしれません。

 

おわりに

 これから日本はさらに高齢化が進み、2026年には認知症患者が700万人規模になると予測されています。

 

くわしくはこちらの記事もどうぞ

loveandhate007.hatenablog.com

 

安価なキャノーラ油を使い続けて認知症リスクが上がる方を選ぶか。

お金はかかるけどキャノーラ油はやめて認知症リスクが下がる方を選ぶか。

選ぶのはあなた次第です。

 

【冷え性に効く食べ物】マイタケを使った料理で検証7日目

マイタケを使った料理でどれだけ体が温まるか、検証7日目。

 

昨日の記事はコチラ

loveandhate007.hatenablog.com 

ついに最終日となりました。

 

最終日の今日は

 

マイタケとしめじのサラダを作りました。

 

f:id:loveandhate007:20171217105206j:image

 

そして最終日の今日の体温は…

 

f:id:loveandhate007:20171217105309j:image

 

36.7℃でした。

 

一週間マイタケを食べ続けた感想

 

一週間続けてみて途中で36.9℃まで体温が上がりましたが…

 

ぶっちゃけそんなに大きな変化はありませんでした。

 

体が温まってきたな〜っていう実感があったのは2日目のみ。

 

手足などの末端がポカポカするなどの体感は特にありませんでした。

 

効果を実感するには、一週間じゃ足りないのかな?

 

どちらにせよ、マイタケは毎日食べても飽きないです。

 

とにかくいろんな料理に合う!

 

毎日は難しいですが、今後もマイタケを取り入れていこうと思います。

  

追記

 

実はマイタケを食べ始めた初日に、体重測定をしていました。

 

初日の体重は48.9キロでした。

 

しかし今日体重を測ったら!!!

 

47.8キロ!!!

 

1.1キロですが、体重が減りました!!

 

マイタケを食べる以外、なんの努力もしていません。

 

私は一日二食ですが、食事制限はしてません。いつもどおりに食べてました。

(基本的に間食をする習慣はありませんが。)

 

もしかして、マイタケにダイエット効果があったのでしょうか。

 

マイタケのパワー、恐るべし!

 

【冷え性に効く食べ物】マイタケを使った料理で検証6日目

マイタケを使った料理でどれだけ体が温まるか、検証6日目となりました。

 

昨日の記事はコチラ

loveandhate007.hatenablog.com

 

まずは今日の体温。

 

 f:id:loveandhate007:20171215193514j:image

 

36.5℃。

 

ここまで来て急に体温が下がりました。

 

ショック…

 

せっかく順調に体温が上がっていたのに。

 

そして今日は

 

煮込みうどんを作りました。

 

f:id:loveandhate007:20171215211130j:image

 

 明日はついに最終日です。

 

 

 

 最終日の記事はコチラ

loveandhate007.hatenablog.com

【冷え性に効く食べ物】マイタケを使った料理で検証5日目

マイタケを使った料理でどれだけ体が温まるか、検証5日目です。

 

 前回の記事はコチラ

loveandhate007.hatenablog.com

 

まずは今日の体温。

f:id:loveandhate007:20171214192929j:image

 

 36.8℃。

 

昨日ほどじゃありませんが、今日も高いです。

 

今日のメニューは、

 

マイタケの炊き込みご飯です。

 f:id:loveandhate007:20171214205335j:image

いつもはマイタケを食べてくれない子ども達も、炊き込みご飯にしたら食べてくれました。

 

これは今後もリピート決定です!

 

【冷え性に効く食べ物】マイタケを使った料理で検証4日目

マイタケを食べてどれだけ体が温まるか、検証4日目です。

 

 前回の記事はコチラ

loveandhate007.hatenablog.com

 

いよいよ中盤まできました。

 

今日の体温はなんと36.9℃!!!

f:id:loveandhate007:20171213184138j:image

マイタケを食べ続けて徐々に体温は上がっております。

 

すごい!ちゃんと効果が出てる……!!

 

さすがに36.9℃にはちょっと驚きました。

人によっては微熱レベルですよね。

 

今日のレシピは、

 

マイタケ入りの豚丼

 

 f:id:loveandhate007:20171213210908j:image

 

 いつも作る豚丼にマイタケをいれただけ。

 

色々作ってみて思ったのは、マイタケはいろんな料理に合うってこと。

 

ちなみに今日いつも行くスーパーでなんとマイタケが完売してました。

 

テレビの影響でしょうか??

 

 検証5日目の記事はコチラ

loveandhate007.hatenablog.com